20代男性が肌荒れする原因3つと効果的な対策を解説

20代男性が肌荒れする原因は3つあった?!

20代男性 肌荒れ 原因

「最近なぜか肌荒れする…」とお悩みの男性の皆さんへ、コチラでは「20代男性が肌荒れする原因」についてを解説しています。

 

20代男性の肌質についてもしっかり解説していますので、コチラの解説を読んで一緒に肌荒れを改善していきましょう!

 

 

20代男性の肌はこんな状態である事が多い!

■男性ホルモンの分泌が最も多い!

20代は男性ホルモンの分泌が最も多い時期になります。
これにより、皮脂が過剰に分泌され肌表面がベタつきやすくなり、毛穴がつまりニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こしやすくなります。

 

また、「肌がベタつく」からと言って皮脂を過剰に取りすぎるような行動(何度も洗顔する、皮脂を取り去る作用が高い洗顔を使用するなど)を行う事で更に皮脂が分泌される結果になってしまうのです。

 

当てはまる男性も多いのではないでしょうか?

 

 

このように、20代男性のお肌はホルモンの分泌によって左右される事が多く、最も多い肌荒れとしては「ベタつき」「ニキビや吹き出物」などといった状態が多くみられます。

 

変化も激しい時期なのでスキンケアも難しいですが、日々しっかりスキンケアする事でこれらの肌状態を改善する事が出来るので、まずは肌荒れの原因を知って、しっかりケアしていきましょう!

 

 

20代男性の肌荒れの原因は3つあった?!

洗顔のし過ぎ

男性ホルモンの分泌が多くベタつきやすい20代男性の肌。ベタつきが気になるから…と洗顔しすぎではありませんか?

 

実は肌はある程度の皮脂を必要としており、皮脂が肌を守る「バリア」のような働きをしています。皮脂を取りすぎるとバリア機能が低下してしまうので、肌は余分に皮脂を分泌しようとし、これが「ベタつき・テカリ」の原因になってしまうのです。

 

なので、洗顔では「皮脂を余分に取りすぎない」事が必要!正しい洗顔フォーム選びが重要になってきます。

 

 

ベタつくからと保湿をしないのはNG!

「肌がベタつくからスキンケアはしない」という方も多いですが、しっかり保湿をする事で過剰に分泌する皮脂を抑える事が出来るのを知っていますか?

 

ベタつきがち=保湿は十分、という事ではなく、「肌内部が乾燥しているから皮脂を過剰分泌」しているのであり、実は肌内部が乾燥状態である「インナードライ肌」である場合も多いんです。

 

男性ホルモンの分泌により皮脂が過剰分泌してしまっている場合でも、外側から適切な保湿を心がけてあげる事で皮脂の過剰分泌を防ぐ事が出来ると言われているので、20代男性の悩む「ベタつき・テカリ」を改善するには保湿をしっかり行う事がおススメです。

 

 

余分な皮脂はこまめに取っておく

日中など、皮脂によるベタつきやテカリが気になる場合は不要な皮脂はあぶらとり紙などでしっかり取り除いておく事がおススメ!

 

皮脂をそのままにしておくと空気と触れて酸化し、毛穴などに詰まってニキビや吹き出物などの肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

不必要な皮脂は脂取り紙などでしっかり取り去っておくと、肌荒れの原因を回避する事が出来ますよ。

 

⇒バルクオムの口コミってステマか?粉吹き野郎が客観的に効果を検証